ゼメリング鉄道

1848~1854年の間に41kmにわたる高山地帯に建設されたセンメリング鉄道は、鉄道建設というパイオニア的分野における民間技術が成し遂げた最も偉大な偉業の一つである。鉄道敷鉄に伴うトンネルや高架橋、その他の建設技術の質が高かったため、この鉄道は現在に至るまでなお運行されている。また、鉄道の出現とともにこの地方の開発も行われたため、多くの素晴らしい邸宅や保養施設の建設も促し、新たな文化的景観も生み出している。
Semmering Railway © OUR PLACE The World Heritage Collection
参考: 785
登録年: 1998
登録基準: (ii)(iv)
核心ゾーン: 156.1800 Ha
バッファーゾーン: 8581.2100 Ha