レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

レーティッシュ鉄道のアルブラ線、およびベルニナ線は、スイスアルプスを横断する山岳鉄道である。スイス国内の北西部を走るアルブラ線は1904年の開通で、全長67km。42のトンネルと144の高架橋が印象的な線路。一方、1910年に開通した全長61kmのベルニナ線は、スイスのサン・モリッツとイタリアのティラーノを結んでおり、トンネルが13で高架橋は52。この2路線は、技術や建築が周辺の環境と調和して完成されたもので、20世紀初頭に始まった技術革新の先鞭をつけた。また、山間部での生活を容易にするとともに社会経済に多大な影響を与え、さらに人間と大自然アルプスとの橋渡しとしての役割を果たした。
Rhaetian Railway in the Albula / Bernina Landscapes © P. Donatsch
参考: 1276
登録年: 2008
登録基準: (ii)(iv)
核心ゾーン: 152.4200 Ha
バッファーゾーン: 109385.9000 Ha