クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市

プラハの東約60kmにある、かつてのボヘミア王国第2の中世都市。銀の採掘で発展し、講堂や貨幣鋳造所が残っている。14世紀には記念碑的建造物が多く造られ、後期ゴシック様式の聖バルバラ協会は4世紀末から160年の年月をかけて完成し、見事な飛梁で知られる。郊外のセレドレッツには、18世紀初期のバロック様式に修復された聖母マリア大聖堂が残っている。
Kutná Hora: Historical Town Centre with the Church of St Barbara and the Cathedral of Our Lady at Sedlec © OUR PLACE The World Heritage Collection
参考: 732
登録年: 1995
登録基準: (ii)(iv)
核心ゾーン: 62.4370 Ha
バッファーゾーン: 649.9000 Ha