モン-サン-ミシェルとその湾

ノルマンディー地方コタンタン半島にある小島の、海面から高さ約150mの修道院。干潮時には陸地につながる小島の岩山に8世紀に最初の教会が建てられ、のちベネディクト派の修道院となった。11世紀から拡大工事が行われ、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス様式の建物が次々に加えられた。14世紀の百年戦争では要塞となり、、フランス革命後は一時牢獄となったこともある。満潮時には陸の孤島となる。
Mont-Saint-Michel and its Bay (France) © Editions Gelbart
参考: 80ter
登録年: 1979
登録基準: (i)(iii)(vi)
核心ゾーン: 6560.0000 Ha
バッファーゾーン: 191858.0000 Ha