コルドバ歴史地区

スペイン南部、アンダルシア地方中央部、グァダルキビール河岸に位置する都市。756年イスラム教徒の後ウマイヤ朝の首都となり、13世紀中頃までイスラム世界の学問と芸術の一大中心地であった。785年頃創建された「コルドバの大モスク」は、スペインの代表的なイスラム建築である。そのほか旧市街には、アルカーサル、ローマ時代の橋と保塁、考古美術館、パティオ(中庭)を備えた白壁の民家などがある。
Historic Centre of Cordoba © Waqqas Akhtar
参考: 313bis
登録年: 1984
拡張: 1994
登録基準: (i)(ii)(iii)(iv)