パパハナウモクアケア

パパハナウモクアケアはハワイ諸島から北西約250㎞に位置し、海抜の低い小さな島々と環礁群が1931㎞もの長さに連なる、広大で隔絶された海洋保護地域である。人と自然が密接に関わるというハワイ先住民文化にとって、命が生まれ死後に魂が帰る場所と考えられており、現存するハワイ先住民文化の精神的な世界観や伝統にのっとった極めて重要な場所でもある。なかでもニホアとモクマナマナの2島には、ヨーロッパ人が到来する以前の住居などの考古遺跡が残っている。海洋には広大なサンゴ環礁、深海には海山や海中に沈んだかつての島など、特徴的な地形が見られ、多様な生物が生息している。
Nesting Great Frigatebirds. Papahānaumokuākea (United States of America) © Sue Watt
参考: 1326
登録年: 2010
登録基準: (iii)(vi)(viii)(ix)(x)
核心ゾーン: 36207499.0000 Ha
バッファーゾーン: Ha