アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

1959年からのアスワン・ハイダム建設により、フィラエ島イシス神殿など、エジプト南部からスーダン北部にかけてのナイル川流域の地、ヌビア遺跡群が水没の危機にさらされた。このため1960年ユネスコが国際協力を呼びかけ、その結果アブ・シンベル神殿とフィラエ島の遺跡など20件以上の移築工事が行われた。
Ramses II temple © Emmanuel Pivard
参考: 88
登録年: 1979
登録基準: (i)(iii)(vi)
核心ゾーン: 374.4800 Ha