華城

水原はソウルの南約40km、東山と八達山に囲まれた古来からの要衝の地。李朝時代にはソウル4鎮のうち南の前衛城を、18世紀後半の正祖は離宮の華城を造営した。正祖は城郭も建設し、蒼竜門・八竜門・華西門・長安門の4門をもつ城壁は6kmに達する。長安門は朝鮮動乱で焼けたが、城郭・城壁のほとんどは今に伝わっている。
Hwaseong Fortress © Fukagawa
参考: 817
登録年: 1997
登録基準: (ii)(iii)