ケープ植物区保護地域群

2004年に登録された保護地域群。世界の6つの植物区系界の一つであり、アフリカ大陸の0.5%の面積を占めるに過ぎないが、アフリカの植物の20%が集中するきわめて重要なホットスポット。生育が推定される9000種の植物のうち69%が固有種で、1736種の絶滅が危惧されている。今回新たに5つの保護区が追加され、計13の保護区となった。
Cape Floral Region Protected Areas (South Africa) © Western Cape Nature Conservation Board
参考: 1007bis
登録年: 2004
拡張: 2015
登録基準: (ix)(x)
核心ゾーン: 1094742.0000 Ha
バッファーゾーン: 798514.0000 Ha